top of page

中古住宅の見学ポイント4つを解説します!

更新日:2023年10月10日

今回は宅建士より、中古住宅の見学の仕方についてお伝えします。


中古住宅見学のポイント、これは4つあります。


一つ目は水平垂直、二つ目に雨漏れ、三番目にシロアリ、四番目に心理的瑕疵があります。


水平垂直

一番目の水平垂直というのは建物の傾きのことです。


床が沈んでいないか、柱が曲がっていないか、ドアがきちんと閉まるかどうか。


水平に関してはとても敏感な方はボールやビー玉を転がして確認する方もいらっしゃいますが、売主さんが住んでいる場合は、失礼のないようにしたいですね。


震災の影響で建物の傾きがある住宅も多く感じます。


雨漏れ

二番目の雨漏れについて、これは雨が降らないとわからないですよね。


雨漏れは目視に頼るところが大きいです。


実際に天井にシミがないかどうか過去に雨漏れがあったかどうかは売主さんから告知をいただくことが大事なところになってきます。


他にもですね、付帯設備の確認書。


設備が動くかどうか、告知を受けることをおすすめします。


シロアリ

三番目のシロアリについてです。


被害はどのようにすればわかるでしょうか?


実際に床を歩いてみて、床のきしみとか、たわみ、そういうものがないかどうか確認してみましょう。


また、床下収納庫からの点検ですね、こちらも大事になってきます。


売主さんの了解を得て、床下収納庫のものを出して、中を懐中電灯で照らしてみてみましょう。


あとは専門業者に床下を潜っていただいて点検してもらいましょう。


点検後には報告書をもらうことができます。


心理的瑕疵


最後に四番目の心理的瑕疵の内容についてです。


この「瑕疵」という言葉は、「傷」とか「欠陥」という意味です。


そこに心理的とついてますので、過去に事件、事故、または火災などがないかどうかですね、売主さんから告知を受けてください。


また、近所の方に何かあったかどうか、事件、事故がなかったかどうか、聞くことも大事なポイントになってきます。


今回は中古物件を見学する際のポイント4つについてお伝えしました✨


新築住宅とはまた違った見学ポイントがあるんだな、とご理解いただけたのではないかと思います。


 

初めてのお家探し、わからないことだらけですよね。


FACTBASEでは、失敗しない家づくりを応援しています!


ネット予約・TEL・MAIL問合せは24時間/365日受付中です!

◆ライフプラン:「失敗しない家づくり」に欠かせない準備。住宅購入の予算を決めていきましょう。


◆融資相談:住宅ローンの選び方、組み方、返し方をサポート。様々な観点から一緒に考えていきましょう。


◆建築会社の紹介:建築されたい方へ、安心して家づくりができるパートナーをご紹介いたします。


◆土地・建物探し:建築する方の土地探しは勿論、建売や中古物件をお探しの方もご相談ください。


◆各種保険:長く安心して暮らす為にはリスク対策が必要不可欠。火災保険での住宅の損害リスクへの対策と、ローン返済中のご家族の必要保障の整理をサポート。          


あなたの叶えたいライフビジョンの実現の為、不動産に関わる情報や周辺知識を共有♪


住宅取得に対する様々な不安払拭をお手伝いします!!


⁡#不動産 #空き家問題

閲覧数:5回0件のコメント

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación
bottom of page